/

この記事は会員限定です

都市農地に新規就農者 法整備が後押し、宅地化防止へ

[有料会員限定]

生産緑地を貸し借りしやすくする都市農地の貸借円滑化法の9月施行を受け、来春にも都内で非農家出身の新規就農者が誕生しそうだ。1992年に生産緑地制度が始まって以降、都内の生産緑地で農家の世帯員以外が新規に就農するのはほぼ初めて。「市民農園」を運営する法人の賃借ニーズも強い。都市部の農地の急速な宅地化を防ぐ一助ともなりそうだ。

生産緑地は東京都や大阪府など三大都市圏を中心とした市街化区域の農地のうち、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン