/

NTTデータ、地銀向け個人間送金アプリ開発

NTTデータは26日、横浜銀行や岩手銀行など約20の金融機関が提供しているスマートフォン(スマホ)用ネットバンキングアプリ「マイパレット」で個人間送金の機能を提供すると発表した。利用者がアプリに預金口座を登録すれば、食事会などで参加者が現金を使わずに「割り勘」したりできる。

マイパレットは横浜銀行と岩手銀行のほか、青森銀行、足利銀行、北越銀行、西日本シティ銀行などが公式アプリとして提供している。累計160万件のダウンロード実績がある。

利用者は食事代などの支払額を入力すると、アプリがQRコードを作成する。このQRコードを別の利用者がスマホで撮影すると支払金額を表示し、利用者同士の銀行口座間で送金する。QRコードで個人間送金ができる金融機関のアプリは国内で初めてという。

個人間送金アプリは、LINEの「LINEペイ」や、エニーペイ(東京・港)の「ペイモ」などがある。これら先行のサービスは事前にクレジットカード情報を登録するか、必要な金額を事前にチャージする必要があった。

NTTデータのアプリは銀行口座を登録するだけで利用できる。クレジットカードを持たない若年層や、いちいちチャージする手間を面倒に感じていた利用者を取り込む。アプリの販売や、アプリを運用するIT基盤システムの構築などを請け負い、計60億円の売り上げを目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン