/

この記事は会員限定です

日通、中国―欧州で貨物列車 「一帯一路」の需要開拓

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】日本通運は中国と欧州を結ぶ貨物列車の定期運行に乗り出す。2019年2月の春節(旧正月)明けをメドに、西安や重慶などを出発しポーランド、ドイツを結ぶ。習近平(シー・ジンピン)国家主席が掲げる広域経済圏構想「一帯一路」で拡大する欧州との物流需要を取り込む。

日通は当初、1カ月あたり1~2往復の運行を想定する。事業が軌道に乗れば速やかに週1往復に増便したい考え。中国の鉄道会社に定期的な運行を依頼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン