/

トーマツが業務収入首位 4大監査法人の前期決算

4大監査法人の2017年度の決算が出そろった。売上高にあたる業務収入で監査法人トーマツがEY新日本監査法人を上回り首位となった。トーマツは金融商品取引法と会社法監査を対象とする顧客社数は横ばいだったがビッグデータの活用など監査業務の高度化を背景に企業から受け取る監査報酬が伸びた。前の期が8カ月の変則決算で実質増収となった。

営業利益はそろって減少した。EY新日本はコンサルティングなどの業務で顧客が契約を連結対象外のグループ会社に切り替えた影響もあり、営業利益は18億円と18%減った。トーマツは公認会計士の採用拡大や研修拡充で人件費が増え、実質で減益となった。

あずさ監査法人は顧客社数が増えて業務収入は微増だったが、働き方改革で減った社員の残業代を賞与に充てたことでコストが増加した。営業利益は9割減だった。PwCあらた監査法人は長時間労働の是正のため人員採用を増やした。採用活動や研修などの先行費用がかさみ9割の営業減益となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン