/

この記事は会員限定です

国債購入、サプライズ減額の真意は

[有料会員限定]

21日に日銀が実施した国債購入(オペ)が市場に波紋を広げている。日銀は想定外の減額をし、金利の急上昇を招いた。

日銀は「25年超」の超長期債と呼ばれる国債の購入をそれまでの600億円から500億円に減らした。日銀の国債購入額全体の規模からみれば100億円はたいした額ではない。しかし国債市場に大きな波紋が広がったのは、21日の金利は今年の上限に近く、減額して金利上昇を促す場面にはなかったためだ。

前日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン