「一生モノの経験を」五輪ボランティア、若者関心高く

2018/9/26 13:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの募集が26日、始まった。半世紀ぶりに日本で開かれるスポーツの祭典に直接関わるチャンス。一生モノの経験にしたい――。若い世代の関心は高く、大学で開かれる説明会は盛況だ。一方で、学生らからは活動中の拘束時間や宿泊費などに関する不安の声も上がっている。

京都外国語大(京都市)は25日、ボランティアに関する説明会を開いた。平昌冬季五輪にボランティアとして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]