[FT]中国は今こそ自省を

フィリップ・スティーブンズ
FT commentators
(1/3ページ)
2018/9/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国は世界を変えた。しかし、世界の中国観をも変えたことをまだ分かっていないのは、あまりに遅すぎる。今の状況は、中国政府を不安にすることだらけだ。

これまで中国は、やりたい放題をしながら台頭してきた。つまずくことや困難、米政府と対立することも時折あったが、西側諸国は他のことに気をとられていたり、中国の言うままを受け入れたりしてきた。そのため、中国の指導者たちは自分たちのやり方がまかり通ることに慣れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

フィリップ・スティーブンズ

FT commentators

チーフ・ポリティカル・コメンテーター

Philip Stephens 英国生まれ。FTで経済担当エディター、政治担当エディター、FT英国版編集長などを経て、チーフ・ポリティカル・コメンテーターに。英国および世界情勢に関する論評を執筆している。著書に「Tony Blair: The Price of Leadership」(2004年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]