スポーツ > 相撲 > 記事

相撲

貴乃花親方「苦渋の決断」 協会からの「圧力」明かす

社会
2018/9/25 23:53
保存
共有
印刷
その他

「引退は最善の道。苦渋の決断をした」。貴乃花親方(元横綱)は25日午後5時から東京都内で開いた記者会見で角界から退く思いを語った。

突然の引退表明に会見場には200人を超える報道陣が詰めかけた。ゆっくりと席に着くと頭を下げ、同席する弁護士による冒頭の説明が終わると、用意されたコメント文を読み上げた。

弟子の貴ノ岩への暴行事件に絡んで日本相撲協会側から「告発状の内容が事実無根としなければ、親方を廃業せざるを得ないという有形無形の要請を受け続けてきた」と明かしたうえで、眉間にしわを寄せながら「事実無根とは認めることはできなかった」と引退の一因を説明した。

協会側からの「圧力」を繰り返し強調。「協会との闘いで敗北したのではないか」との質問には「弟子たちが何らかの形でプレッシャーを受けるのをどうしても避けたかった。弟子たちの将来を見据えて断腸の思いだった」と語った。

15歳の初土俵からおよそ30年。貴乃花親方は「感謝でいっぱいです」と相撲への思いを述べる一方、今後については「土俵に育てられた私なので、土俵には携わっていきたい」と話した。報道陣から新団体設立の可能性について聞かれると否定した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)に「注意」を決議された横綱鶴竜の師匠、陸奥親方(元大関霧島)は26日、部屋の稽古が再開する来週に鶴竜と今後の稽古方針などについて話し合う意向を明かした。「 …続き (11/26)

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、12月に高砂親方(元大関朝潮)が定年を迎えることに伴い、部屋付きの錦島親方(39)=元関脇朝赤龍、本名バダルチ・ダシニャム、モンゴル出身=が年寄「 …続き (11/26)

日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向けた合同稽古を12月18~23日に国技館内の相撲教習所で行うと発表した。10月に続いて2度目の実施。新型コロナウイルス感染対策の …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]