/

相撲協会、退職届は受理せず 貴乃花親方の主張否定

貴乃花親方(元横綱)の会見を受け、日本相撲協会理事の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は25日夜、両国国技館で記者会見し、同親方の代理人から提出された退職届は受理せず、「有名無形の圧力を受けた」との主張も完全否定した。

芝田山部長は「きちんとした書類がそろっていない」と受理しなかった理由を説明。貴乃花親方が力士たちの移籍先とした千賀ノ浦部屋の師匠(元小結隆三杉)の署名なつ印がないことも理由に挙げた。

この日午後、千賀ノ浦親方も国技館に姿を見せ、執行部に事情を説明した。芝田山部長によると、千賀ノ浦親方は同日午後に貴乃花親方から電話があり「弟子を受け入れてもらいたい」と伝えられたという。力士らの転属は理事会の承認が必要だが、芝田山親方は「両者がしっかり話し合っていない」として、27日の理事会には間に合わないとの認識を示した。

貴乃花親方の一門受け入れを巡っては、旧貴乃花一門の阿武松理事(元関脇益荒雄)らが説得していたという。芝田山部長は「阿武松さんが『弟子もいるのだし、一門に所属して一緒に頑張ろう』と何回も説得を試みていたが、貴乃花さんが(一門に加入する)アクションを起こさなかった」と話した。「告発状を事実無根と認めないと協会に残れない、と言われた」との貴乃花親方の主張も否定した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン