スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

感情のもつれ、貴乃花親方孤立 曲げぬ信念

2018/9/25 22:10
保存
共有
印刷
その他

あまりに突然すぎた「平成の大横綱」の退職届。貴乃花親方(元横綱)の退職表明の記者会見を見た親方衆には「先走りすぎている」「何がどうしてこうなったのか」と戸惑いが広がる。貴乃花親方と日本相撲協会、双方の感情のもつれが事態をここまで大きくしてしまったように見える。

【関連記事】貴乃花親方が退職届 暴行巡る告発「事実曲げられぬ」

日本相撲協会に「退職届」を提出し記者会見する貴乃花親方(25日、東京都港区)

日本相撲協会に「退職届」を提出し記者会見する貴乃花親方(25日、東京都港区)

23日に千秋楽を終えた秋場所。打ち出し後は、この時期では異例の一門会が頻繁に開かれていた。旧貴乃花一門の親方衆の受け入れ先を決める話し合いのためだ。協会は7月、全ての親方は5つある一門に所属することを決めていた。所属していないのは無所属の親方と、阿武松グループの親方、そして貴乃花親方。いずれも消滅した旧貴乃花一門のメンバーだ。

親方の所属先を決める期限が月末に迫る中、貴乃花親方以外のメンバーは二所ノ関一門や出羽海一門へと続々と内定。昨年、元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行問題を巡り、相撲協会と真っ向から対立した貴乃花親方にアレルギー反応を持つ親方は少なくなく、貴乃花親方だけが所属先が決まらなかった。

ただ、貴乃花親方を見かねて、仲介する親方は何人もいた。実際、ある一門への受け入れが決まりかけていたが、「貴乃花親方は自分から歩み寄ってくれなかった。それでは一門は合意できない」と中堅親方。「守ってくれる人間だっているのに、誰とも話さずに自分一人で悩んでいた」

受け入れる親方からすれば、これまでの騒動に対して頭を下げるなどの"仁義立て"は欲しかったはず。ただ、貴乃花親方は協会に迷惑はかけたが、一連の行動自体は間違っていないと思っていたのだろう。退職届の記者会見でも、暴行問題を巡る内閣府への告発状を巡って、貴乃花親方は「真実を曲げることはできない」と強調した。

「貴乃花親方は責任感がものすごくあって、信念が強い人」とある親方。直情径行的な性格も相まって、周囲の再三の説得に耳を貸さず、一気に退職という極端な方向へ突き進んでしまったように思えてならない。

 相撲協会にも貴乃花親方を煙たがっている勢力は多いが、誰もこんな結末は望んでいないだろう。貴乃花親方と現役時代にしのぎを削ったある親方は「我々の時代のヒーローだもん。何とか説得したい」と言う。相撲ファンも同じ思いなのではないか。(金子英介)
【関連記事】
貴乃花親方「苦渋の決断」 協会からの「圧力」明かす
相撲協会、退職届は受理せず 貴乃花親方の主張否定
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 13日に静岡県伊豆市で予定されていた大相撲秋巡業が、台風19号の影響で中止されることが12日、決まった。主催者が発表した。
 日本相撲協会広報部によると、巡業が原則的に屋内開催となった1995年以降、 …続き (12日 12:54)

貴ノ富士関=共同

 日本相撲協会は11日、付け人力士に暴力行為などを起こした十両貴ノ富士関(22)=本名上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=の現役引退を発表した。同日提出の引退届を受理。自主引退を促した同協会に対して現役 …続き (11日 20:09)

土俵での稽古を再開した貴景勝(11日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋)=共同

 大相撲九州場所(11月10日初日・福岡国際センター)で大関に復帰する関脇貴景勝が11日、秋場所千秋楽に左大胸筋負傷後では初めて土俵での稽古を再開させた。東京都台東区の千賀ノ浦部屋で調整のペースを上げ …続き (11日 18:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]