/

アクアワールド大洗、稀少シビレエイ展示

アクアワールド茨城県大洗水族館(同県大洗町)は大型のシビレエイの展示を始めた。めったに捕獲されない種類のエイで、飼育が難しいため、同水族館は「ぜひ早めに見に来てほしい」(魚類展示課)と話している。

展示しているのは13日に茨城県日立市会瀬沖の定置網で捕獲されたゴマフシビレエイ。体表にゴマのような黒色のはんてん模様を持つのが特徴だ。主に大陸棚に生息し、国内では三陸沿岸や茨城県沖などで確認されているという。

体内に発電器官を持ち、エサを捕獲する際や敵から身を守る時などに放電する。体長は約1メートルあり、シビレエイのなかでは大型とされている。

シビレエイの仲間は一般的に餌付くまでに時間を要し、展示個体もエサを食べる様子が確認できていないという。担当者は「少しでも長く展示できるように飼育したい」と意気込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン