新潟県長岡市産の枝豆「一寸法師」の出荷本格化

2018/9/25 23:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県長岡市特産の枝豆「一寸法師」が本格的な収穫・出荷を迎えた。流通大手のイオンリテールは長岡店(同市)で販売を開始。県内全店や関東の一部店舗で順次販売する。8月の猛暑などの影響でサヤの大きさにばらつきがあるが、豊かな風味に育ったという。

生産者らが枝豆「一寸法師」を無料で配布し、消費者にPRした(JR長岡駅構内の商業施設)

一寸法師は小ぶりで、味が濃く香りが強いのが特徴。収穫期間は10日間ほどと短い。今年の生産量は前年比74%増の15トンを見込む。生産・販売の拡大を目指す農家などでつくる「越後ながおか一寸法師えだまめ協議会」は、生産量を100トンにする目標を掲げる。

このほど市役所を訪れ、作況などを報告した同協議会メンバーに対し、磯田達伸市長は「長岡野菜の柱の一つとして、しっかり育てたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]