/

鈴木コーヒー、新潟開港150年記念ドリップバッグ

鈴木コーヒー(新潟市)は2019年の新潟開港150年を記念したドリップコーヒーバッグを発売した。土産物として売り込み、新潟の魅力を訴える。

鈴木コーヒーが発売した開港150周年記念コーヒー

「新潟開港150周年記念ブレンド」はブラジルとエチオピア産のコーヒー豆をブレンドし、深煎りから浅煎りまで3種類を用意した。甘酸っぱく、コクのある味わいが特徴だという。カップにドリップバッグをセットし、熱湯を注ぐだけでドリップコーヒーを楽しめる。

包装には船や灯台といった港に関連したデザインをあしらった。販売価格は1袋(1杯分)150円(税別)で、新潟伊勢丹や道の駅「新潟ふるさと村」などで扱う。10月には、コーヒー豆をひいた粉末(1袋200グラム入り)も発売する。

新潟港は明治時代に貿易港として開かれ、19年1月で150年を迎える。市内の菓子や飲料メーカーなどは「港町」を前面に出した商品を相次ぎ開発し、地域の魅力発信を強化している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン