2019年6月16日(日)

大田の町工場、域内分業を構築
リーマン危機10年 首都圏どう変わった3

2018/9/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「リーマン・ショック以降、自己変革を迫られた。筋肉質な会社に生まれ変わるための試練だった」。昭和製作所(東京都大田区)は京急平和島駅から徒歩7分の住宅街にあるいわゆる大田区の町工場だ。3代目の舟久保利和社長(39)は過去10年をこう振り返る。

新素材を採用するかを検討する際、硬度や耐熱性などを調べるために「試験片」をつくる。同社は部品メーカーからこの試験片の製造を請け負っている。試験片は素材、用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報