JR東と青森・秋田の私鉄、スマホ使ったスタンプラリー

2018/9/25 22:00
保存
共有
印刷
その他

JR東日本秋田支社と秋田、青森両県の地方私鉄4社はモバイルスタンプラリーを始めた。計19駅に貼っているポスターのQRコードをスマートフォン(スマホ)で読み取り、スタンプを5駅以上集めると、抽選で各社の沿線の特産品や鉄道グッズが当たる。7月末に結んだ連携協定の具体策第1弾として、共同で集客に取り組む。

モバイルスタンプラリーの対象鉄道はJR東日本秋田支社管内のJR線と津軽鉄道(青森県五所川原市)、弘南鉄道(同県平川市)、由利高原鉄道(秋田県由利本荘市)、秋田内陸縦貫鉄道(同県北秋田市)。

19の対象駅に実際に行ってスタンプを集める。全駅制覇賞(5人)、13駅達成賞(15人)、5駅達成賞(30人)がある。応募期間は11月25日まで。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]