植田板金店、「小屋」の裾野広げる
中四国企業・事業所going

2018/9/26 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

書斎や趣味を楽しむ隠れ家などとして、スモールハウス(小屋)が注目を集めている。住宅の屋根や外壁の工事を手掛ける植田板金店(岡山市)は「小屋やさん」のブランド名で、住宅と同等の品質の製品を展開。居住性の高さや容易に設置できる点を訴求し、裾野の拡大を狙っている。

岡山市内にある専用工場「小屋やさんの小屋工場」の中には完成前のスモールハウスが並び、職人が1棟ずつ丁寧に仕上げていく。「9月と10月は月8…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]