/

この記事は会員限定です

避難計画になお課題 住民孤立の恐れ、伊方原発

[有料会員限定]

広島高裁の25日の決定を受け四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の運転は再開される見通しだが、事故への備えは途上だ。同原発は細長い佐田岬半島の付け根にあり、事故が起きれば陸路が断たれ住民約5千人が孤立する恐れがある。避難計画を策定し訓練を重ねる県は「課題を洗い出し、万が一の事態に備えたい」としている。

25日の決定を受け、愛媛県の中村時広知事は「再稼働するしないにかかわらず、徹底した安全対策を(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン