スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

貴乃花親方が退職届 暴行巡る告発「事実曲げられぬ」

2018/9/25 18:50
保存
共有
印刷
その他

大相撲の貴乃花親方(元横綱、46)=本名・花田光司=は25日、東京都内で記者会見し、日本相撲協会に退職届を提出したことを明らかにした。貴乃花親方は、弟子の幕内貴ノ岩が元横綱日馬富士に暴行を受けた件で、協会執行部の対応に問題があったとして内閣府に告発状を提出。その告発内容を協会から事実無根と認めるよう迫られていたとし、「事実無根であると認めることができなかった。真実を曲げることはできません」と退職理由を説明した。

退職届を受理するかどうかなど協会側の対応は不透明だが、「(退職の)意思は変わらない」と話した。

貴乃花親方は25日朝、弟子らに退職の意思を伝えたという。貴乃花部屋の力士や床山らは千賀ノ浦部屋に移籍することで、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とも合意しているという。今後については「相撲には携わっていきたい」としたものの、具体的な話は出なかった。

貴乃花親方は昨年10月、弟子の幕内貴ノ岩が元横綱日馬富士に暴行を受けた件を巡って協会と対立、協会の調査要請を再三拒否するなどして今年1月に理事解任処分を受けた。3月の春場所中に弟子の貴公俊(たかよしとし)が付け人に暴行を働き、監督責任を問われて降格となり、その後「貴乃花一門」の名称を返上、無所属として活動していた。

相撲協会は7月の理事会で、すべての親方は5つある一門のいずれかに所属しなければならないと決めていた。同じく無所属だった親方は秋場所中に二所ノ関一門などに入ることが内定していたが、貴乃花親方は受け入れ先が見つからず、孤立していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は23日、東京・両国国技館で定例会合を開き、膝や腰のけがでともに3場所連続で休場している白鵬、鶴竜の両横綱に「注意」を決議した。横審の内規では成績不振や休場の多 …続き (23日 18:45)

11月場所の優勝から一夜明け、オンラインで記者会見する大関貴景勝(23日午前)=共同

 大相撲11月場所で2年ぶり2度目の優勝を果たした大関貴景勝(24)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が千秋楽から一夜明けた23日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋からオンラインで記者会見し「初優勝 …続き (23日 11:59)

優勝決定戦で小結照ノ富士(手前)を押し出しで下し、11場所ぶり2度目の優勝を果たした大関貴景勝=共同

突いても押しても前に出られず、最後は抱えられて土俵にたたきつけられた。完膚なきまでの完敗を喫した本割からのわずかな時間、「情けなさと悔しさ」をかみ締める貴景勝の頭をよぎったのは「自分は体(のサイズ)が …続き (22日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]