タイCP、小売り国外進出
格安店「マクロ」を周辺国展開、セブン進出にも意欲

2018/9/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タイ最大級の財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下で、コンビニエンスストア「セブンイレブン」を運営するCPオールが外国進出に動き始めた。カンボジアに国外1号店の卸売りスーパーを出したのに続き、他国への進出準備に入った。事業開始から約30年のセブンイレブンは店舗数で世界2位にまで増加。タイに続いて発展する周辺国に小売り近代化の成功モデルを移植する。

売り場面積約1万平方メートル、駐車スペース5…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]