東芝・シャープ、大手行が「正常な融資先」に
【イブニングスクープ】

2018/9/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手銀行を悩ませてきた大口融資先の問題が収束へと向かう。メガバンクは東芝とシャープの債務者区分を相次いで引き上げ、取引を正常化させる。財務基盤の安定と経営改善が進み、融資金が保全できる可能性が高まった。日本を代表する企業が相次いで経営難に陥り、銀行管理に入る異常な状態が収束する。日本企業の信用度の向上を象徴する動きといえそうだ。

シャープの経営危機が始まった2012年以降、メガバンクは融資額が多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]