/

米第4弾発動なら消費にさらに影響

中国製品への第3弾の追加関税を24日に発動したトランプ米政権は、残る全ての品目を対象とした第4弾の発動も示唆している。総額は中国からの輸入額のおよそ半分にあたる2600億ドル(約29兆円)。消費財の比率がさらに高まるなど、米国の企業や消費者にとっても大きな影響が及びそうだ。

米ピーターソン国際経済研究所によると、トランプ政権が第4弾として追加関税をかける対象のうち、最も比率が高いのが産業機械などの資本財が44%で、消費財が40%と続く。第3弾では資本財は25%、消費財は24%だった。一方、第3弾まででは5割前後あった部品や素材などの中間財は第4弾では15%に減る。

トランプ米政権は第3弾で適用を検討した品目リストから、「アップルウオッチ」など一部の適用は見送った。企業や消費者の反発などを踏まえた措置とみられ、研究所によると、総額197億ドル分の品目に上る。すべての品目となれば、第4弾ではこうした品目がすべて対象となる。

ピーターソン国際経済研究所は20日付のリポートで、全品目への追加関税は「あらかじめ決められているように見える」と指摘した。米国では今後のクリスマス商戦など、消費が盛り上がる時期だけに、発動のタイミング次第では米国の消費にも冷や水を浴びせそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン