/

アマゾンの音声AI、家電に搭載できるキット発表

日経クロステック

米アマゾン・ドット・コムは、音声人工知能(AI)「アレクサ」を搭載するデジタル家電を簡単に開発できる小型ボード「アレクサ・コネクト・キット(ACK)」を2018年9月20日に発表した。機器メーカーはACKを組み込むだけで、音声操作が可能な製品を開発できる。価格は数ドル程度。

アレクサ・コネクト・キット(ACK)

ACKはWi-Fi経由でアマゾンのクラウドに接続し、アレクサの音声認識機能や自然言語処理機能を呼び出す機能を備える。機器メーカーは独自にWi-Fi接続機能やクラウドに接続する機能などを作り込む必要がなくなる。アマゾンは50行のコードを記述するだけで、Alexa搭載デバイスが実現可能になるとする。

P&Gなどが採用

ACKは家電メーカーの米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や米ハミルトンビーチなどが採用を発表済み。アマゾンはACKの提供によってアレクサ搭載家電の種類を増やす狙いだ。アマゾン自身もACKをアレクサ搭載家電の開発に使った。9月20日に発表した電子レンジが最初の例だという。

ACK搭載機器とクラウドとの通信は暗号化されている。また機器をクラウド経由で管理することも可能だ。この管理機能は、あらゆるモノがネットにつながるIoT機器向けに米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が提供する管理サービス「AWS IoT」ベースで構築されている。

(日経BP社シリコンバレー支局 中田敦)

[日経 xTECH 2018年9月21日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン