/

文大統領、年内の終戦宣言打診へ 24日に米韓首脳会談

【ニューヨーク=恩地洋介】トランプ米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、ニューヨークで会談する。文氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が条件付きで核施設を廃棄する意思を示した南北首脳会談の結果を説明。金正恩氏の伝言も伝えるほか、朝鮮戦争の終戦宣言を年内に実現するよう打診する。

金正恩氏は18、19両日の南北首脳会談で、早期にトランプ氏と再会談したい考えを表明。文氏と署名した合意文書には寧辺の核施設の条件付きの廃棄を明記する一方、米国が求めてきた核の申告や核施設への査察の受け入れは盛り込まなかった。

今回の米韓首脳会談では、金正恩氏によるトランプ氏へのメッセージが米国による非核化の要求に一部でも応えているかどうかが注目される。トランプ氏が高く評価すれば、早期の米朝首脳の再会談に向けた調整も加速するとみられる。

文氏は北朝鮮が求める終戦宣言の年内実現をトランプ氏に働きかける。文氏は20日の記者会見で、南北が考える終戦宣言は政治的な意思表明にすぎず「国連軍司令部や在韓米軍の駐留問題には全く影響がない」と指摘。安全保障上の悪影響は出ないとの見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン