/

この記事は会員限定です

隠岐に浮かぶ「散骨島」は現代の墓標か

ドキュメント日本

[有料会員限定]

少子化や核家族化で墓の維持が難しくなっている。「子供や孫に迷惑をかけたくない」「暗いお墓に入りたくない」。そんな思いで自然散骨を望む人たちが注目するのが、島根・隠岐諸島に浮かぶ小さな無人島だ。国内唯一の「散骨島」として知られるカズラ島で9月、遺族の散骨に同行した。(山田薫)

日本海の荒波が島に近づくと穏やかになり、澄んだ水底まで見通せる。松江市の外れ、七類港から大型フェリーに揺られること3時間10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン