2018年12月19日(水)

韓国大統領が米国へ出発 南北会談の結果説明へ

北朝鮮
南北首脳会談
米朝首脳会談
朝鮮半島
2018/9/23 16:14
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、ニューヨークで国連総会に出席し、トランプ米大統領との首脳会談に臨むため米国へ出発した。米韓首脳会談では、文氏が北朝鮮の平壌で金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談した結果について説明し、北朝鮮の非核化や2度目の米朝首脳会談の早期実現を巡って話し合う。

文氏は20日にソウルで開いた記者会見で、金氏との会談内容のうち公表されていない部分もトランプ氏に伝えると説明した。文氏は南北首脳が4月の板門店宣言で合意した、朝鮮戦争の終戦宣言の2018年中の実現についてもトランプ氏に働きかける可能性がある。

韓国大統領府は23日、文氏が訪米中に米FOXニュースのインタビューに応じると発表した。韓国大統領府は「朝鮮半島の平和構築に関する米国との緊密な協力体制の重要性について、文大統領が直接メッセージを伝える」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報