2019年6月17日(月)

監査不信、再び 「10年周期説」に現実味

2018/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業決算にお墨付きを与える会計監査の世界大手「ビッグ4」に再び批判が高まっている。欧米で相次ぎ粉飾見落とし騒動が浮上。リーマン危機後10年、エンロン事件からやがて20年というタイミングに、会計不祥事「10年周期説」も現実味を帯びる。監査という「資本主義のインフラ」を巡るコスト分担が未解決な限り、好況期に緩むマネーの規律が不祥事の種を育て続ける。

■「なれ合い集団」

「◎◎の監査に関する××への罰金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報