/

この記事は会員限定です

バチカン、布教拡大を重視 司教任命で中国と和解

[有料会員限定]

【ジュネーブ=細川倫太郎】キリスト教カトリックの総本山、バチカン(ローマ法王庁)が22日、長年の火種だった司教任命権を巡る問題で中国と暫定合意したことは、1951年の断交以来の歴史的和解となった。中国での布教拡大に弾みが付く可能性があるが、信教の自由を厳しく制限する中国への譲歩は保守的な信者らの反発も招きかねない。

中国は断交後、政府公認の教会組織「中国天主教愛国会」を発足させ、独自に司教を任命。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン