/

中国とバチカン、司教任命で暫定合意 関係改善へ前進

(更新)

【北京=永井央紀】中国とキリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ法王庁)は22日、長年の火種である司教任命権をめぐる問題で暫定的な合意に達したと発表した。バチカン側によると、中国が独自に任命した司教をバチカンが承認する。中国側は、台湾と外交関係を持つバチカンと「引き続き意思疎通して関係改善を前進させる」と表明した。

法王は日本への訪問にも意欲を示している=ロイター

双方の代表団が北京で協議し、合意文書に署名した。バチカンと中国は1951年に断交し、中国国内の司教の任命をどちらが主導するかで対立した。今回の合意は中国側がすでに任命していた司教をバチカンが追認する形。今後の司教任命権や中国政府が認めていない地下教会の扱いに関する取り決めの有無は明らかになっていない。

バチカンは「フランシスコ法王は今回の決定により過去の傷の克服を可能にする新たなプロセスが始まり、中国の全カトリック教徒の参加につながることを期待している」とした。双方の発表に国交回復への言及はない。台湾の外交部(外務省)は「バチカンから台湾との国交関係に影響しないとの連絡があった」との報道文を発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン