/

メキシコ次期大統領「カナダと2国間協定も」

【メキシコシティ=丸山修一】北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、メキシコのロペスオブラドール次期大統領は21日、米国とカナダでの協議がまとまらなかった場合には、米国とは別にカナダとも新たに2国間での貿易協定を結ぶ方針を明らかにした。NAFTAが3カ国の協定でなくなっても米国、カナダ双方との関係を維持したい考えだ。

現在、米国はメキシコの現大統領の任期が終わる11月末までに署名をすることを目標に、国内の議会手続きを考慮してカナダとの交渉期限を9月末に設定。カナダ側に大幅な譲歩を求めている。一方でカナダのトルドー首相は「9月末は米国の期限」と述べるなど、月内合意に固執しない姿勢をみせており交渉は難航している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン