2019年7月19日(金)

ノーベル賞、日本人の有力候補は 今年の自然科学3賞

2018/9/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年のノーベル賞の発表が10月1日から始まる。自然科学3賞では16年まで3年連続で日本人が受賞した。17年は惜しくも記録が途絶えたが、今年はどうか。日本人候補者を展望する。

■生理学・医学賞、森教授に期待

初日に発表される生理学・医学賞は12年の山中伸弥・京都大学iPS細胞研究所所長以来、日本人の受賞が相次ぐ。大村智・北里大学特別栄誉教授(15年)、大隅良典・東京工業大学栄誉教授(16年)と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。