/

この記事は会員限定です

気候変動訴訟、国内外で 「CO2排出は生活脅かす」

[有料会員限定]

気候変動が生命や財産を脅かす原因として、二酸化炭素(CO2)の排出元の企業などを相手に訴訟を提起するケースが国内外で相次いでいる。今月14日、神戸市などの住民が、同市に計画中の石炭火力発電所の建設中止などを求める訴訟を神戸地裁に起こした。類似の訴訟は国内では2例目。海外でも温暖化防止の国際的な枠組みである「パリ協定」の採択以降に増加した。自然災害など目に見える気候変動リスクの増大が背景にある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン