2018年12月16日(日)

アルパカジャパン、7億5000万円調達

スタートアップ
2018/9/21 22:33
保存
共有
印刷
その他

金融業界向けの人工知能(AI)開発を手がけるアルパカジャパン(東京・千代田)は21日、三菱UFJ銀行やSMBCベンチャーキャピタルなどから総額約7億5000万円を調達したと発表した。調達資金はエンジニア採用やデータセンターなどのインフラ投資に充てる。

今回の資金調達は事業開発段階の「シリーズA」の位置づけ。第三者割当増資を通じ、イノベーティブ・ベンチャーファンド、ベンチャーキャピタル(VC)のD4V、アーキタイプベンチャーズなどから約6億5000万円、日本政策金融公庫から資本性ローンで1億円を調達した。

アルパカジャパンは2016年創業のスタートアップ企業。AIやビッグデータを活用し、トレーディング業務を自動化するウェブサービスや市場予測のプラットフォームを展開する。5月にはブルームバーグと組み、端末利用者向けの市場予測アプリを共同開発した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報