ポラテクノ、無機偏光板の性能向上へ 米工場に新規投資

2018/9/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子部材メーカーのポラテクノは設備投資や研究開発を強化する。液晶プロジェクターなどに使う主力の無機偏光板の性能を高めるため、約2億8000万円を投じて米国の製造子会社に高精度の加工装置を導入した。研究開発費も21年3月期に26億円と3年で5億円積み増す計画だ。低消費電力の新型液晶ディスプレーの量産化を目指す。

同社は米子会社のモクステック(ユタ州)で、プロジェクターなどに組み込む無機偏光板と、X…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]