/

この記事は会員限定です

北海道の企業、BCP見直し急ぐ 電源確保や早期復旧に課題

[有料会員限定]

北海道内の企業が、災害時に業務を進めるための事業継続計画(BCP)の整備や見直しを急いでいる。停電時の予備電源を確保するほか、災害発生後に早い段階で物流機能を復旧できるようにする。これまで道内はBCPの導入が遅れていたものの、6日に発生した最大震度7の地震と全道停電で危機意識が高まった。

BCPは大規模災害などの非常時に備え、企業や行政機関が事業を継続したり、早期に復旧したりする手順をまとめた行動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン