/

この記事は会員限定です

岐阜・美濃焼、粘土枯渇の危機 新たな採掘地探る

(列島追跡)

[有料会員限定]

岐阜県特産の美濃焼の原料となる粘土が枯渇の危機にある。美濃焼は家庭などで身近な量産陶器の生産が主力で、国内産陶磁器の出荷額の5割を占める。しかし、東濃地域からの粘土の供給が減り、産出業者の廃業も相次ぐ。地元の業界団体や自治体は新たな採掘地を探るが課題も多い。

「以前は中国の製陶会社から、『地元にこんなに良質な粘土があるなんて』とうらやましがられたものだ」。焼き物原料となる粘土のメーカーで構成する岐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン