基礎生物学研 テントウムシの模様決める遺伝子特定

2018/9/21 18:00
保存
共有
印刷
その他

基礎生物学研究所の安藤俊哉助教と新美輝幸教授らは東京工業大学などと共同で、テントウムシの羽の模様を決める遺伝子を特定した。特定の遺伝子の構造のわずかな違いで模様が変わっていた。生物の進化の仕組みの解明などに役立つ成果という。

成果は21日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に掲載される。

テントウムシの一種のナミテントウは日本全国に生息する。羽の色は赤と黒があり、模様の種類は2…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]