/

日吉雄太氏が立民離党へ 結成以来初、小沢氏と行動

立憲民主党の日吉雄太衆院議員(50)=比例東海=は21日、静岡県庁で記者会見し、離党する意向を表明した。離党が決まれば、昨年10月の結党以来、立民からは初めてとなる。日吉氏は自由党の小沢一郎共同代表と近く、行動を共にする考えも明らかにした。

20日に立民党本部に離党届を提出した。

日吉氏は昨年の衆院選で初当選。2012年衆院選は小沢氏が設立に参画した日本未来の党から、16年参院選は同氏が共同代表を務めた生活の党から立候補したがいずれも落選した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン