2019年9月17日(火)

京大高等研究院シンポ 著名研究者、科学の魅力語る

2018/9/21 16:33
保存
共有
印刷
その他

科学の世界を、語り合おう――。京都大学高等研究院は同院の活動について紹介するシンポジウムを17日に京大百周年時計台記念館で開催した。世界をリードする研究者6人が登壇し、高校生など約500人を前に科学の魅力を語った。

「AI(人工知能)は人類に明るい未来をもたらす技術なのか?」との問いに対し、画像認識やロボット技術の大家である金出武雄招聘特別教授は「我々研究者は人類に明るい未来をもたらす技術になるように研究すべきだし、事実、それはできる」とした。

一方、「AIは人間を超えるのか?」というテーマを巡り、チンパンジーの知覚や認知研究で知られる松沢哲郎副院長は「人間は知能だけの存在でないというのは自明のこと。悩む、苦しむというのも人間の能力。この問いから発し、人間とは何かを深く考えるステップにすべきだ」と語った。

がんの免疫療法に関わるタンパク質の発見で知られる本庶佑副院長は「我々は人間について知らないことが多すぎる。トータルとしてのヒトが持っているものを(AIが)超えられるかどうか」と話した。

「科学とは?」という問いに関して、数学分野のノーベル賞とされるフィールズ賞を受賞した森重文院長は「見えないものを見えるようにすること」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。