作家・柳美里が福島で演劇活動を再開
被災地の人々と思い紡ぐ

2018/9/22 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青春五月党。その名を聞いて、舞台を思い浮かべる人はまれだろう。「命」4部作などで知られる作家、柳美里(ゆう・みり)さんが文学界でデビューする前の若き日、主宰していた演劇ユニットの名だ。その演劇の旗がなんと23年ぶりに復活した。本拠は東京電力福島第1原発から20キロ圏内にある福島県南相馬市の小高。人気作家に何が起きたのだろうか。

東京から東北新幹線で仙台に出て、常磐線に乗り換え南へ。原ノ町で第1原…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]