DRAM大口価格 8月も横ばい 需給緩み一部値下がり

2018/9/21 15:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

データの一時保存に使う半導体メモリー、DRAMの8月の大口需要家向け価格がおおむね前月から据え置きに決まった。一部のメーカーはシェア確保の思惑などから大口価格を下げている。ある半導体商社のDRAM調達担当者は「3~4%ほどの値下がりとなった製品もある」と話す。

指標となるDDR4型の4ギガ(ギガは10億)ビット品は1個4.1ドル前後と6カ月連続の据え置きとなった。DDR3型の4ギガビット品も前月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]