医療費、2年ぶり過去最高 17年度42.2兆円

2018/9/21 14:57
保存
共有
印刷
その他

医療費が2年ぶりに過去最高を更新した。厚生労働省が21日発表した2017年度の概算医療費は42.2兆円で、前年度に比べ2.3%増えた。75歳以上の医療費が4.4%増えたのが主因だ。高齢化で医療費の伸びは今後も続く見通しだ。

概算医療費は労災保険などを除いた費用。全体の98%に相当する。10年前と比べると、8.8兆円増えた。75歳以上の医療費は16兆円。全体の38%を占める。1人当たり94.2万円で、75歳未満の4倍超の費用がかかっている。

診療の種類別にみると、薬代と薬剤師の技術料を合わせた「調剤」が2.9%と高い伸びを示した。16年度はC型肝炎を治療する高額薬剤の「ハーボニー」や「ソバルディ」の薬価引き下げや使用量の減少で医療費全体の減少に寄与したが、一時的で再び増加に転じた。厚労省は薬剤費を抑制するため、2年に1度の薬価改定を毎年実施する。

医療費は主に公費と保険料で賄う。少子化で現役世代の負担は重くなっており、年齢で負担を線引きする現行制度の見直しが欠かせない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]