/

米、中国軍高官らを制裁指定 ロシアから戦闘機など購入

【ワシントン=永沢毅】米国務省は20日、対ロシア制裁に違反したとして中国共産党中央軍事委員会で装備調達を担う装備発展部と、その高官1人を米独自の制裁対象に指定したと発表した。対ロ制裁で禁じられているロシアの国営武器輸出企業ロスオボロンエクスポルトとの取引に関わり、ロシア製の攻撃機などを購入した。

米国務省によると、軍事委の装備発展部は2017年にロシア製の最新鋭戦闘機「スホイ35」10機を、18年に地対空ミサイルシステム「S400」に関連する装備をそれぞれ購入した。

対ロ制裁法では、ロシアの軍事・情報部門との取引を制裁対象に定めるとの条項がある。この条項に基づく制裁は今回が初めて。制裁に指定されることで、装備発展部は米国の金融システムから排除される。同部の高官は米国内の資産が凍結される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン