2018年10月16日(火)

緩やかな物価上昇に変調の兆し 8月消費者物価指数
上昇品目は4年9カ月ぶりの低水準

経済
2018/9/21 11:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

緩やかな物価上昇に変調の兆しが出てきた。総務省が21日に発表した8月の消費者物価指数(CPI)は生鮮食品を除く総合指数が前年同月比で0.9%の上昇と20カ月連続で上がった。総合指数も1.3%上昇したが、上昇品目数は4年9カ月ぶりの少ない水準だった。値上げの動きが一服しており、物価上昇の持続性が不透明になっている。

8月の物価上昇をけん引したのはガソリンや灯油などエネルギー関連だ。品目別にみれば対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報