/

日米、26日に首脳会談 貿易協議は24日

菅義偉官房長官は21日の閣議後の記者会見で、安倍晋三首相が国連総会に出席するため23日から米ニューヨークを訪問すると発表した。28日に帰国する。トランプ氏と23日に夕食会を開くほか、26日に首脳会談に臨む。25日には国連総会で一般討論演説をする。

首相官邸に入る安倍首相(21日午前)

菅氏は「北朝鮮問題への対応をはじめ、地域や国際社会の共通課題について米国をはじめとする関係国との緊密な連携を確認する有意義な機会となる」と語った。

日米首脳会談では北朝鮮情勢や貿易問題が議題になる。貿易問題では、茂木敏充経済財政・再生相が21日、閣僚級の日米貿易協議(FFR)を24日夕にニューヨークで開催すると発表した。茂木氏とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表をトップにし、日米の貿易・投資の促進のための方策について協議する。

FFRの開催は8月上旬に続いて2回目。日米両政府は21日に開く方向で調整していたが、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉などでライトハイザー氏の日程の都合がつかなかった。茂木氏は21日の記者会見で「日米双方が利益となるウィンウィンの関係をどう築いていくかを基本に考えていきたい」と述べた。

北朝鮮情勢を巡っては、河野太郎外相が21日、ポンペオ米国務長官と電話で協議した。18~19日の南北首脳会談を踏まえ、日米と日米韓3カ国の連携を確認した。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議の完全な履行を確保する方針でも一致した。

外務省は21日、河野氏が同日から30日までカナダと米国を訪問すると発表した。ニューヨークではポンペオ氏との会談も調整している。このほか、国連総会にあわせて開く国際会議に出席する。北朝鮮問題や国連安全保障理事会改革に関する日本の立場を訴える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン