/

カラオケ音源無断投稿 著作権法違反 容疑で男を書類送検

インターネットのカラオケサイトの音源を無断で動画サイトに投稿したとして、警視庁原宿署は21日までに、会社員の男(32)=東京都練馬区=を著作権法違反容疑で書類送検した。男は「やったことは間違いないが、違法とは認識していなかった」などと供述しているという。

送検容疑は2017年11月、豊島区にある勤務先の会社のパソコンから5回にわたり、渋谷区の音楽配信会社が運営するカラオケサイトから入手した音源を、無断で動画サイト「ユーチューブ」に投稿した疑い。

捜査関係者によると、男は「Anriのカラオケ制作室」の名称で、14年8月ごろから1600本以上のカラオケ用動画をユーチューブに投稿。約820万円の広告収入を得ていた。ニコニコ動画にも約1800本投稿していたという。男は音楽配信会社のカラオケ用音源を不正にダウンロードし、自作映像と組み合わせて投稿していた。

捜査関係者によると、楽曲そのものの著作権は管理会社とユーチューブ側が使用許諾契約を結んでいるが、カラオケ用音源は音楽配信会社が独自制作し「著作隣接権」を持っているため、無断投稿が著作権の侵害に当たるとしている。

音楽配信会社は無断投稿を見つけ、ユーチューブ側に削除を要請していたが、削除後も男が投稿を繰り返したため刑事告訴したという。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン