/

船田氏、抗議の白票 「首相の改憲姿勢に不満」

自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行(竹下派)は20日、党総裁選を巡り「安倍晋三首相の改憲への姿勢に同調できない」と述べ、抗議の白票を投じたと記者団に明らかにした。石破茂元幹事長についても不満があると説明した。

首相が改憲で前のめりな発言をするたびに、衆院憲法審査会の議論が止まってきたと指摘。その上で「首相は総裁選で再三『党改憲案を(次の国会に)提出する』と話していた。それが決定打になった」と語った。

竹下派の前身の額賀派に所属していた石破氏に関し、派閥を離れた経緯に触れ「過去の彼の言動は許せない。最初から投票は難しかった」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン