2019年6月16日(日)

求心力維持、首相に試練 残り任期3年、内外に課題
来夏の参院選が正念場

2018/9/20 22:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党総裁選で安倍晋三首相(総裁)が連続3選を決めた。任期は2021年9月まで3年延びたものの、経済や外交など取り組むべき難題は山積している。首相が悲願とする憲法改正の実現には政権に求心力が欠かせないが、総裁選での党員・党友による地方票の得票率は55%と心もとない。首相は20日の記者会見で改憲などについて「実現は容易ではない。いばらの道だ」と述べた。

【関連記事】首相「改憲いよいよ挑戦」 自民総裁…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報