2018年10月21日(日)

金沢に「現代版屋台村」 全店でキャッシュレスで決済

北陸
2018/9/21 6:36
保存
共有
印刷
その他

金沢青年会議所や地元民間企業が協力し、金沢市の繁華街、片町で小規模な飲食店が入居する新たな屋台村を整備する。11軒の店舗スペースを格安の賃料で貸し出し、県内外から若い料理人を呼び込む。決済をカード払いに限定し現金利用を禁じるなど独自のシステムを導入。若年層や女性客が1人でも気軽に入れるようにし、市街地のにぎわい創出につなげる。

金沢の片町に整備する新たな屋台村のイメージ

屋台村の名前は「とおりゃんせ カナザワフードラボ」。青年会議所が「現代版屋台村」として企画し、公募で選んだ民間の運営企業が12月の開業を目指して出店者を募る。建物はすでに着工しており、2階建てで10人程度の客が入れる店舗スペースを用意する。

総事業費は1億円。月額賃料は1階部分の6軒が4万円、2階部分の5軒は2万円に抑えた。飲食店はジャンルを問わずに募集し、選考で出店者を決める。出店者は売り上げの9%をロイヤルティーとして運営企業に支払う。

決済方法を全店舗キャッシュレス限定にすることで会計を省力化し、出店者が店舗運営に専念できるようにする。20日に記者会見した金沢青年会議所の福光太一郎理事長は「金沢の食の新しい価値を提供したい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報