/

この記事は会員限定です

横並び就活に限界 就活ルール形骸化一段と

「経団連ルール」廃止へ

[有料会員限定]

経団連は、これまで担ってきた就職活動の時期などのルールづくりを主導する役割を終えようとしている。新卒の学生を一括採用する世界でもまれなルールそのものが、より優秀な人材を求めて競い合う企業の現実にすでに合わなくなっている。今後も政府や大学が要請する形で就活ルールを残すことになる見込みだが、ルールの形骸化が一段と進むことは避けられそうにない。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン