2019年7月20日(土)

横並び就活に限界 就活ルール形骸化一段と
「経団連ルール」廃止へ

2018/9/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連は、これまで担ってきた就職活動の時期などのルールづくりを主導する役割を終えようとしている。新卒の学生を一括採用する世界でもまれなルールそのものが、より優秀な人材を求めて競い合う企業の現実にすでに合わなくなっている。今後も政府や大学が要請する形で就活ルールを残すことになる見込みだが、ルールの形骸化が一段と進むことは避けられそうにない。

【関連記事】就活、21年卒は6月解禁継続 経団連ルールは廃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。