外食の伸和HD、ロシアで日本食フェア

2018/9/20 22:00
保存
共有
印刷
その他

「炭火居酒屋炎(えん)」などを展開する外食チェーンの伸和ホールディングス(HD、札幌市)は20日、ロシアの店舗で日本食フェアを始めた。北海道産米粉を使った人気メニューのザンギ(唐揚げ)や道産小麦のラーメン、道産米やタマネギを使ったカレーライスや牛丼などを試食してもらう。フェアは10月7日まで。

国内店舗で人気の「ザンギ」をロシアで紹介する(札幌駅西口店)

北海道経済産業局が支援し、道銀総合研究所(札幌市)や北海道総合商事なども連携。伸和HDや参加企業・団体はフェアを通じ、道産食材の輸出拡大やロシア進出につなげる考えだ。

伸和HDの佐々木稔之社長は「本場の日本食を広めるとともに、フェアでの評判を見ながら今後はザンギなどをロシアの和食店にも提供していきたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]